株式会社アンビション - ソーシャルゲーム・オンラインゲーム・モバイルゲームの企画・プランナー・グラフィックデザイン・プログラマー・ネットワークエンジン
先輩インタビュー > ディレクター T.K
ゲームが作りたくて上京しました

地元の愛知だとゲーム会社がほとんどなくゲームを作るために上京しました。
アンビションとの出会いは、転職サイトを見て、ゲーム会社で「アンビション」が一番上に出たのでまずはここ受けよう!というのが最初のきっかけです。
前職は広告代理店で求人広告を作っていました。イラストカットや写真をもらって配置やデザイン、文章を考えたりしていました。当時の上司に「私、いつかゲームを作りたいんです」と気持ちをぶつけたところ、「君もやりたい事があるならそれはやったほうがいい」と言ってくださいました。それで「よし転職しよう、ゲーム作ろう」と思って次を決めずに辞めて上京。
ゲーム作るために裸一貫、愛知から飛び出してきました。

仕事で大事にしているのは「すぐ忘れる」こと

現在「星彼Days」のディレクターを担当しております。 具体的にはスケジュール管理とスタッフのモチベーション管理、勤務管理等、
あとは成果物の確認、マーケティング担当と一緒にプロモーションやキャンペーンなども考えています。
ディレクターとして大事にしていることは「すぐ忘れる」こと。切り替えを上手くする事です。何かを作る以上、意見はぶつかります。だけどいつまでも衝突を引きずり空気が悪くならないよう配慮することを常に意識しています。私は性格上切り替えが得意な方ですが、メンタル的なところは個人によるので、ストレスたまっちゃう人もいますよね。それを見つけて上手く回していくのがディレクターの仕事かなと思っています。ディレクターと聞くと「偉い」「花形」と思うかもれませんが、自分が目立って活躍するよりも「黒子」としてスタッフを活かせるようにするのが役割です。この人はどういう仕事の振り方をすれば一番気持ちよく仕事ができるだろうか等、スタッフの活かし方を常に考えて作業を振っています。
やりがいは、存在していなかったものがどんどん形になっていくのが嬉しいですね。 新規コンテンツだと形になるまでがとても長いです。仕様書を作って相談して、開発して、UI調整して…。目に見えて形になってくると、すごく嬉しいです。 既存コンテンツの運営は、
単純に売り上げが出た時が嬉しいです。新しいガチャを入れて売り上げを出すなら普通ですが、例えば「昔の衣装を復刻させて」って意見があった際、ただ同じものを復刻させると前に手に入れた人から不満が出てしまう。どういう形で復刻すれば全員が満足するかを考えて施策を出した時に、ユーザーさんから「この形なら出てよかった」と言ってもらえた時はすごく嬉しかったです。
もちろん全員が思っているかはわからないですが、ユーザーさんからの意見を頂いた上で、客観的に判断するのが大切だと思っています。

自由を勘違いしないようにしなければいけないですね。
基礎あってこその自由です。

アンビションはすごくやりやすい環境だと思います。 良い意味で自分の勝手に仕事ができるのがいいです。やらなきゃいけない事をこなしていれば、勝手に「資料作りました」「企画書作りました」って言っても怒られない、むしろ歓迎されます。 ただ自由を勘違いしないようにしなければいけないですね。基礎あってこその自由です。
ありがたいことに新規をいくつかやらせてもらったので、視野も広がりましたね。 今後はより売上を伸ばせるディレクターになりたいと思います。人間的にも技術的にもまだまだなので、これからも勉強していきたいです。

自分で動ける人が活きる職場だと思います

自分の部下にするとしたら、人間的な面を重視します。 プランナー、ディレクターはやはりコミュニケーション力が欲しいですね。
ノリがいいとか、よく飲みに出かけるとか、そういう事ではなく、他の人間を活かすコミュニケーションを取れる人です。
自分で動ける人が活きる職場だと思いますので、そういうのが好きな方は是非、ご応募ください。