株式会社アンビション - ソーシャルゲーム・オンラインゲーム・モバイルゲームの企画・プランナー・グラフィックデザイン・プログラマー・ネットワークエンジン
先輩インタビュー > プランナー D.N
なんか面白そうな人事がいる企業があるなって…
アンビションっていう会社なんですけど(笑)

就職活動で第一志望に最終面接で落ち、その直後の合同説明会に参加したところ、一社だけ異質なオーラを放っているブースを見つけたんです。なんか面白そうな人事がいる企業があるなって…アンビションっていう会社なんですけど(笑)
その時は知らない会社でしたが、話を聞いて「ここは面白そうだな」と思いました。会社の空気、風通しの良さが人事の人達から滲み出ていたんです。
で、唯一応募したアンビションで内定を頂き、今に至ります。第一志望に落ちていなかったら説明会も行っていなかったので、きっとこれも何かのご縁ですね。

受け身でいると楽しくない。言われたことだけをやっていると作る側としてつまらない

プランナーとして主に仕様書の作成、画像発注書の作成、その他データにも着手しています。学生時代もゲーム制作を行ってはいましたが、アンビションに入社後、仕事としてやっていくことの難しさを改めて実感しました。どこで面白さが出て、どんなタイミングで何をやるとユーザーさんが喜んでくれるのか。「作る側としての意識」が変わりましたね。
入社してしばらくは受け身で仕事をしてしまっていました。ですが受け身でいると楽しくない。言われたことだけをやっていると作る側としてつまらない。自ら考えて行動した方が楽しいことに気が付きました。幸運だったことに最初の配属が当時の新規コンテンツでした。どんなに準備をしてもリリース前はバタバタする。けど妥協はなるべくしたくない。「もう少し詰め込みたい」「時間ないけど入れたい」という葛藤は大変でしたが、そこを乗り越えてリリース出来たのは大きな喜びでした。まあリリースは通過点でしかなく、そこから運営が続いていく…大変な事が山ほどありますが、ユーザーさんがいなかったらゲームは作れない上、ユーザーさんが喜んでくれてなんぼのお仕事です。「ユーザーの反応が嬉しい」なんてよくある話ですが、本当に嬉しいんです!
今後の目標としては、今まで色々好きにやらせてもらったので、それを踏まえてディレクターとしてチームを引っ張っていきながら、全く新しいものを作りたい。もちろんユーザーさんのためというのもありますが、単純に僕が新しい事に挑戦したいです。スマホアプリはクオリティもどんどん上がっていきますし、新しい技術も次から次へと出てくるので、今度は自分が生み出したい。「新しいものを市場にドカンと投入してやる!」という気持ちを暖めて、練って、組み立てていきたいです。

アンビションは好き放題遊べる会社

もちろん大人の事情で縛りが発生する事もありますが、居心地・風通しがよく、意見を受け入れてくれる人たちが多いので、好き放題遊べる会社です。
受け身ではなく自発的に動ける人がより楽しい会社といえます。
変に殻に閉じこもるのではなく、ちゃんと自分を出せば評価もされます。
様々なことに挑戦する土壌があるところです。

一緒に仕事していてこっちも盛り上がってくるパワーを感じる人だと、一緒にやっていて嬉しいです

一緒に仕事していてパワーを感じる人だと一緒にやっていてこちらも嬉しいです。刺激になってよりよいチームになると思いますから、
そういう人と仕事をしたいと考えています。学生さんにアドバイスするとしたら、臆せず何事にもチャレンジしてほしいですね。
まず自分が遊ばないとユーザーさんを遊ばせることはできない。たくさん遊んで、色々吸収してからアンビションに来てください!