株式会社アンビション - ソーシャルゲーム・オンラインゲーム・モバイルゲームの企画・プランナー・グラフィックデザイン・プログラマー・ネットワークエンジン
先輩インタビュー > プログラマー D.U
何社か受けたんですが、アンビションは僕が一番感動した
会社だったので内定を頂いた時に迷いはありませんでした

アンビションを知るきっかけになったのは「ネバーワールドオンライン」です。「ネバーワールドオンライン」で初めて携帯ゲームに触れて、携帯の中に世界が広がっている事が衝撃でした!
就活するときもずーっとそれが頭にあってアンビションに入りたかったんです。何社か受けたんですが、アンビションは僕が一番感動した会社だったので、内定を頂いた時に迷いはありませんでした。

他のとこからソース持ってきてパッと作っても自分のためにならないし、次に生かされない

現在新規コンテンツのプログラマーを担当しています。その前はフェアリードールのリードプログラマーで機能の拡張やユーザーの不具合対応をしていました。集計から機能が実際に使われているかを見るのもプログラマーの仕事でしたね。
新規コンテンツの担当になってからは一から新しいものを作っています。使う技術がフェアリードールと全く違うので、自分としてはスキルアップにつながっていると思います。運営中のコンテンツに比べ、詰めたいところはリリース前に詰めたいし、元々あるものの改善・改修ではないので、実際触って新たにわかる事もある。手探りの部分がほとんどです。新規は一から全部自分の考えで動くしかないので「ユーザーがまだやっていないもの」を作る難しさは感じます。
仕事全体では自分が今やっている事が自分のスキルになっているかどうかを大切にしています。例えば他のとこからソース持ってきてパッと作っても自分のためにならないし、次に生かされない。何か機能を作って、また次に作るときに作業が早くなっていると嬉しいです。
その時に調べたものが身になっていると感じる瞬間です。

定時後にちょっと飲みに行って仕事の話をして、そこから生まれる企画もあります

アンビションは柔軟な会社だと思います。個人が出した意見が反映される。個人個人が会社を作っているなと思います。社員の仲もいいですね。定時後にちょっと飲みに行って仕事の話をして、そこから生まれる企画もあります。
僕の周りには様々な言語をやっている人がいて、よく挫折というか、悔しい気持ちになります。他社のゲームにしても、自分がこういうものを作りたいと考えてもどう設計したらいいかわからないものもある。その悔しいというのを一つ一つ回収していくのが目標です。何を見ても悔しいと思う事がないようになりたい。悔しいと思う事を減らしていく事でスキルアップしていきたいです。
プログラマーって新しい技術がどんどん増え、それを覚えることが今の目標ですが、最終的にはその「新しい事」自体を作り出すプログラマーになりたいと思っています。出てきたものを覚える側じゃなくて、発信していける立場になればプログラマーとして大成していると言えるのではないかと考えています。プログラマー関係なくどんなコンテンツを作りたいかという観点だと、まだ世の中にないものを作っていきたいです。僕はネバーワールドをやった時に「こんなの初めてだ!」と思ったんです。あの時はあんなの他になかった。
だから今度は自分がああいう感動を作ってやりたいと思います。

僕のライバルになってください!!

一緒に働きたいのは向上心のある人です。例えば今から入社する人は僕が先輩になるわけですが、それでもライバルだと思ってくれる後輩がいいです。先輩から教わって、それで終わりじゃなくて「超えてやるぞ!!」という良い対抗心が欲しいです。
自分で思っている事を実現したいと思って行動したら、それができる会社ですから、やりたい事がある人は是非応募してほしいです。
そして僕はいつでも「良きライバル」を探しています。僕のライバルになってください!!